FC2ブログ

Ninja君をスポーツマンに改造だ

2009年04月04日 23:38

PENSKEのハンドルレバーにかえました(35mmダウンします)IMG_0035_convert_20090404230213.jpg
IMG_0036_convert_20090404230428.jpg
2009/4/4(土)
Ninja250Rの唯一の欠点はハンドルがネイキッドみたいに高いこと。
格好悪いし、動きだしにくく、コーナーリングに入りにくい。
PENSKE(日本製)のダウンハンドルレバーに替えました。
日本から送って貰って、Ninja君を買ったショップで付けました。
以外と簡単でした、料金は取りませんでした、良心的です。

みんな「これはいい!」とショップでも大好評でした。
輸入して売りたいと言って、写真をバンバン撮られました。
いや 自分で見てもカッコイイ、これは価値あり、買いです。

ハンドルレバーが奥にいって垂れた感じです。
Beetのバックステップを注文しています、これでポジションは
完璧になります。
35mmダウンと25mmダウンがアザプターの有無で替えられます。
Rioはアザプターを取って35mmダウンを選択、調整機構が
付いているので、ロックでタンクに当たらない いい位置に
設定できました、心配してる人 大丈夫です、楽勝ですよ。
調整出来る範囲で、何度も試乗して自分のベストの位置に
セットしました。 
MotoGPレーサーは0.1mmで調整するからなぁ。
調整機能が付いているところがGoodです。
レースをやってるショップなのでそのあたりは心得ています。
ポジションがよくなって凄く運転し易くなりました、感動です。
35mmダウンですからネイキッドとスーパースポーツの中間です、
決して疲れるようなポジションにはなりません。
実はちょっと腰が疲れるけど・・・・歳かな
腰痛持ちの人は無理せず25mmでやめておきましょう。

違うバイクみたいにキビキビ動きます、車体剛性が上がった
雰囲気になり、動かすきっかけがつけ易いです
スキーで言うと 良いブーツに巡り会い、後傾が直った感じ。
250ccのスポーツバイクの良いところがよく出ています。
ハンドルの端に錘が付いてないので振動が出ないか
問題です。 振動は確かに出ますが、何とか我慢
できる範囲です、左レバーの振動が大きい。
PENSKE様、今後の商品、錘付けた方がいいです。

タイヤは今のところ剛性の高いバイアスが合ってます。
コストだけでバイアスにしているわけではないのです。
素人はラジアルの方が良いと思っているでしょうが・・・・・
200km以下だとキャンバー・スラスト(バイクを倒したときに発生する
曲がろうとする力)がバイアスの方がかなり大きいので、
この種のバイクを振り回すのにはベストマッチです。
200km以上だとコーナリング・フォースも使って曲がるので
ラジアルがいいです、200以上だと直進性も良くなります。
Frontをラジアルにすると絶対に動きが鈍くなります。
リアはまだ可能性があります、140/70R17のα-10をリアに
付けてみてテストしてみる予定です。
4/11に付けてみるのでブログでご報告します。
但し、リムが3.5なのでタイヤが理想の形状になりません、
140/70R17だとギリギリかな、本当は4.0に組みたいです。
Apriliaの標準150/60R17だと外径OKですが、リムが無理。
普通に走るなればDunlop GT501、ドライグリップ重視なれば
TT900GPが絶対にベストマッチでしょう。
RioはGT501を履いてます、キビキビしていていいですよ。
TT900GPはEナンバー付いてないんでヨーロッパで
使えないんです、残念だ-。

Rio探検隊、探検してこんな効果出たの初めて


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://riohg.blog73.fc2.com/tb.php/60-b2d35de5
    この記事へのトラックバック


    Latest Reports